So-net無料ブログ作成


DCプランナー2級受験 [転職]

長年、「夏と言えば試験」という生活が続いていたので、社労士試験を卒業した身としてはこれを受験。

kannban.jpg

DCプランナー2級です。会場は恨めしい幕張メッセ。ものすごい人だかりで、「そんなに受験者がいるのか!」と思いきや、どうみても受験生に見えない男子ばかり。誰かの握手会なんだとか。


そんな人だかりを横目に、私は「これぞ幕張メッセ」の国際展示場ではなく、その隣にひっそりとたたずむ「国際会議場」へ。

2017-09-10 12.34.09.jpg

この部屋、まさに社労士試験を平22年に初めて受けた時の会場。私の社労士試験の旅はこの部屋から始まったのです・・・


時は移ろい、あれほど社一で苦手意識を持っていたDC(確定拠出年金)の試験を受けるなんて、マゾっ気にもほどがあります。年アド2級も取って、今じゃ年金を仕事にしているくらいですから、何が何するか分かりません。


試験レベルはといえば、年アド2級よりははるかにやさしい。社労士試験の社一で出てくる確定拠出年金の問題と同じレベルか。国年、厚年も出題されますが、正解肢とダミーとの間に明らかな違いがあってそれほど悩みません。ただ、個数問題が多数出題され(基礎編30問中8問)、3つ失点。簡単といえども、個数問題はなかなか難しい。年金積立時の将来額の計算はもっと難しい。


解答用紙にアンケートを書く欄があり、職業を聞かれました。


もちろん、「社会保険労務士」にチェック!


実務経験中なんですが、まぁ、いっか。



コメント(6) 
共通テーマ:資格・学び

投資教育 [転職]

企業型確定拠出年金を導入している事業所の従業員を相手に、投資教育をやってきました。


なかなか響きませんなぁ。


特に若い従業員は税金や社会保険料の算出方法について、そもそも理解していません。給与もそれほど高くないため、掛金拠出自体も消極的です。


そんな人たち相手に、やれ「インデックスファンド」やら「複利効果」やら言っても眠くなるだけなので、「どうして投資が必要なのか」というところから話しました。


直近データによれば、平均寿命は男性81歳女性87歳。しかもこれは0歳児の平均「余命」であり、死亡率の高い乳幼児期を乗り越えた皆さんの平均余命からすると、寿命はもっと延びる。そう、人生100年時代はあり得ない話ではない。


仮に65歳まで働けたとしても、まだまだ生きなければならないのだ。


一方で、今どきの生活保護世帯の半数は、実は高齢者世帯である。生活保護を受けるに至った理由は、「そもそも年金が少なかった」「不意の病気・ケガで蓄えを消化してしまった」等々。


フルに国年・厚年を納めても高齢夫婦世帯には22万円しか年金が出ない(妻が専業主婦前提)。人口ピラミッドからすれば、遠くない将来、年金額が減るか支給開始年齢が後ろ倒しになるのは必定。年金でそこそこ暮らしていけるなどと思ってはいけない。


退職金制度があればまだ良い(その事業所には退職金制度ナシ)。


だから今から投資をしよう。


投資といっても、おカネの投資ばかりではない。要は老後でも収入があれば良いわけだ。すなわち、「労後」を作らなければいい。


そのためには、いつまでも健康な「カラダ」、いつまでも必要とされる「スキル」が必要だ。そんな「カラダ」と「スキル」、そして最低限生きていくために必要な「おカネ」。これらを将来得るために、今から行動することが、みんな「投資」なんです。


な~んて説明しながら、これは自分に言い聞かせてるんだなと思ったわけです。みなさんが今、試験勉強しているのも、未来の自分に向けての投資ですよね。


私もまだまだ、投資を続けますよ。


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び