So-net無料ブログ作成
検索選択


再チャレの決断は慎重に [平28:7回目の結果]

合格発表からすでに2週間。あれほど待ち遠しかった合格発表日は、過ぎてしまえば救済科目やら基準点やらの喧騒が潮が引くようにあっという間に消えてなくなり、月日の経過の早さに驚かされます。


昨年までの今ごろ、特に1点オチが続いたここ数年は、再チャレンジする気力も湧かず、かといって断念する決心もつかず、どうしようない日々を過ごしていました。


選択式の基準点ワレで不合格になると多くの人にこう言われると思います。

「もう択一式で十分な基礎知識があることは証明されているんだから、法改正と白書対策だけしっかりやっておけば大丈夫だよ」と。


しかし、それがなかなか簡単にはいきません。「択一式の高得点」は、何もメンテしないままでは来年の本試験までは維持されないのです。今年択一式で合格点を取れたからといって、来年、同水準まで得点できるとは限りません。法改正と白書対策だけしかやらなかった再チャレンジの年など、私にはありませんでした。


今年の本試験。選択式が午前の部に戻った結果、択一式を終えて帰路につく時にはすでに選択式の解答が明らかになっています。試験会場出口で各学校が配っている解答速報は嫌でも目に入り、「ええぃっ」ともらって即答え合わせ。そうしたらなんと全科目3点以上達成。感激の涙。


しかし問題はそこからです。午前中の選択式でエネルギーを使い果たしていたのか、午後の択一式はどうにも頭の回転が鈍い。個数問題やら事例問題やら初見の問題やらで自信を持って得点できた感触がなかった。


「まさか択一式で失敗するのか」と思いながら試験を終えただけに、択一式の答え合わせは怖くて数日できませんでした。「選択式基準点ワレナシ=合格確定」の余韻を味わいたかったわけです。今回の試験では、これまで選択式で苦しめられた人がようやく選択式基準点を全科目クリアしたのに、択一式で初めて失敗してしまったというケースがけっこうあったのではないかと思います。


私が再チャレンジした時の決断は、「法改正と白書対策だけ」などという甘言にだまされることなく、もう一度択一式でちゃんと点を取るための勉強をする覚悟があるかどうかを自問した上でくだしました。本試験直後から繰り広げられる「救済祭」は、択一式で十分な得点をした者だけが参加を許されます。何の努力もせずに参加はできません(もちろん、救済祭など参加せずに合格するに越したことはありませんが)。


でも、覚悟を決めてしまえばゴチャゴチャ考えずに前に進むだけ。「あぁ、『択一式合格』とか『科目別合格』という制度があったらいいいのに・・・」と取り留めの無いことを考えるのもここまで。


それだけに、再チャレンジを決めるまでは十分時間をかけて良いと思います。



コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

あれから1週間 [平27:6回目の結果]

「あれから1週間」というタイトル


これまでは「選択の基準点ワレから1週間」だったり「不合格発表から1週間」だったりといった「失意」の中でアップした記事ばかりでしたが、ようやく合格者として書く「あれから1週間」です。


といっても、合格証書と事務指定講習の案内が届いたくらいで、特に環境の変化はありません。使ったテキストの山、パソコンに溜まった各種PDFファイル、情報収集用のリンク集もそのママ。


たまにテレビで見かける塩崎厚生労働大臣に、妙な親近感を抱くようにはなりましたね。国会で答弁している姿を見ると「塩崎さん、がんばれっ」と、声をかけたくなります。あれほど厚労省には苦しめられたんですが。いや、苦しめたのは厚労省じゃなく試験制度だったか。


かつての読者の方から、多くの祝福メッセージもいただきました。本当にありがとうございます。


社労士試験は『あと1点』で不合格を繰り返す受験生がたくさんいる」という話を聞いたことがあるかと思いますが、そういう受験生を実際に目の当たりにすることはなかなかできません。そんな中で公然と私が「1点オチ」を実況中継してしまったものですから、多くの方に「あまりに気の毒な受験生」として「バロン」という名が記憶されてしまっていたようです。


私もそのような状況を良しとしていたわけではありません。実は今回のような合格報告は昨年、するつもりでした。ブログで2回も不合格の状況をリアルタイムにつづってしまうと、さすがに3回目は恥ずかしくて書けません。なので「撤退」と称してみなさんとお別れしつつ、再起にかける炎は燃やし続けていたのです。


それにこのままでは愛犬「バロン」に申し訳ない。すでにこの世にはいませんが、かつての愛犬の名前をブログ上の名前にしてしまったばかりに、バロンがそれこそ「負け犬」の汚名を着せられたままになっている。これでは彼に顔向けできません。


そしてブログもやらずに受けた昨年、平27年試験。まだ、私のことはネット上で話題にしていただけているようでした。


「バロンは今年も受けたらしい」

「日大で受けて労一と健保で2点だとツイしてた」

「また基準点ワレかw」

「択一59点選択33点にもかからず2科目ワレだって。この人は呪われている」

「バロンが労一落としているなら労一救済はない」

「バロン労一2てwwwwwwwwwwwwww」

「バロンともあろうものが、労一はともかく健保をミスるとは」



あの~

日大じゃなくて幕張メッセで受けたんですけど。

ツイッターやってないんですけど。

択一59点も取ってないんですけど。

健保落としてないんですけど。

労一2点じゃないんですけど。




労一1点なんですけどーーーーっ!(ここ重要)




もう、叫ぶに叫べないこの思い。「バロンの呪い」などというフレーズも躍りだし、ますますバロンが負け犬化してきます。訂正したくても掲示板で反論すれば火に油、黄りんマッチにベンジジン。


まぁ、いい。労一1点は過去の1点補正の科目と同じくらいの鬼畜難問ぶりだし、補正そのものがあり得ない(と当時思われていた)労一で、まさかの1点補正で合格するなんてバロンらしい復活劇じゃないか。ここは静観し、合格発表を静かに待とう。


結果はご存知のとおり。先の掲示板で「労一、健保2点」を信じている人からは「バロン受かったんだね。おめでと~」だって。もう、勝手に話、進めないでくださいよ。


さすがに妻も「しばらくお休みしたほうがいいかもねぇ~」などと、かける言葉も無くなってしまった様子。


「オレは合格してはいけないのか」。この時の不合格には相当へこみました。。。



コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。