So-net無料ブログ作成
検索選択


理想と現実の狭間で [ラストメッセージ]

ウチの会社は数年前、コンサルを入れて大規模に人事・給与制度が変わりました。9時6時勤務だったものが裁量労働制に変わり、給与に直結する評価制度が、全社一律の画一的な評価基準で測定するものだったのが、個人が上司との面談を通じて設定した目標への達成度で測るようになったのです。


その大改革のきっかけとなったのが、就職氷河期に入社し、長い景気低迷で低位にとどまっている若手の給与と、高度経済成長を支えて給与が高値安定をしているベテランとの給与格差。そして、業績悪化が生んだサービス残業と、労基署からの指導。


じゃぁ今、さぞ働きやすい会社になったかといえば、そうとも言えません。先月も、私より後に入社した社員が私よりも先に辞めていきました。ひとりは会社の自分への評価に対する不満から。ひとりは心の病で。


コンサルに大金を払って導入した新制度も、社員の立場からすれば裁量労働制は残業代を払わなくて良い口実にしか見えず、また新評価制度も、上司との面談や目標設定など、本来業務以外の仕事が増えて面倒にしか感じていません。「ハロー効果」や「論理誤差」が起こり、結局「中心化傾向」で何をやっても評価がたいして変わらないことを知っているからです。


つまるところ、会社の業績が悪ければ、どんなにすばらしい制度も社員にとっては厳しめにしか作用しません。


会社側の本音は、法令順守。ありていに言えば、労基にさえ刺されなければいい。


社員を大事にすれば社員が積極的に働き、企業が活性化する。そして売上げが上がる・・・という白書に記されるようなストーリーは、にわかには信じがたいです。


仮に給料を上げても、しばらくすればすぐに「もっともらえるはずだ」と不満が募り、労働環境をゆるくすれば、それを悪用する社員が出てくるものです。結局、総労働時間が減るわりに労務費が上がり、業績は悪化する・・・


そのような労働環境の中で、賃金制度や労働環境を変えるだけでは社員の「働く気持ち」は向上しないと、私は思います。


私の場合、部下の社員には会社の現状を話せる範囲でていねいに説明し、当事者意識を持ってもらうようにしています。また、部下のやっている仕事に対してねぎらいの言葉をかけること。「ありがとう」とお礼を言うこと。良いところは誉め、悪いところはしっかり面と向かって指摘すること。


とにかく、部下に声をかけること。一人ひとりの社員の存在を認めること。


これで効果があるかどうか分かりませんが、給与を上げたり勤務制度を変えたりする権限が自分には無い以上、声をかけ続けて部下の力を最大化させることを、日々試みています。


これから私は、法の掲げる理想と企業活動の現実の狭間を埋めるべく、自分のポジションでできることをやっていきます。この4月に就いた売上部門の業績は、何とか予算をギリギリ達成しています。あと3か月、年度予算達成に向けて邁進します。また、簿記をやってみようと思います。売上げを管理するようになって会計知識が無いことを痛感しましたので。


そうそう、5年間の勉強で唯一獲得した成果、年アド2級も受け続けて、年金の知識はブラッシュアップを図っておきます。


法や制度が無力かといえば、そんなことはありません。社労士の方や社労士を目指そうとしている方は、経営者に近い立場にいる力を活かして、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上を実現してください。総務部でもない私は、営業や制作の現場からみなさんと共に働きます。



これまで長い間ご愛読、ありがとうございました。コメントも多数いただき、感謝しております。社労士が社会の中でますます地位を上げ、使用者・労働者双方にとって、無くてはならない存在になることを本当に心の底からお祈り申し上げます。



コメント(11) 
共通テーマ:資格・学び

受験反省会5・・・合格基準点 [受験反省会]

これまで物分かりの良い受験生を装ってきましたが、やはりひとこと言いたい。合格基準点の補正(いわゆる「救済」)のことです。


初めて救済の意味を知った平24年試験。このとき私は選択式で社一2点で基準点ワレ。合格発表までの2か月半の間、社一2点の受験生は、同じく救済を切望する厚年2点の受験生と救済科目を争っていました。しかし、復元データを元に発表する資格学校の救済予想が社一に傾いていたことや、厚年の問題形式が4択式だったことから、次第に「社一の救済が優勢」となっていました。


はたして、厚年の単独救済。いったいなぜ・・・という思いを持つ社一2点の不合格者が成仏できずに漂いました。


そんな思いを明確に断ち切ってくださったのがTKTKさんでした。TKTKさんはとあるブログのコメント欄で試験結果の開示請求を厚労省に行うと宣言。「そんなの無意味」「できるわけない」といった否定的なコメントがある中で、なんと本当に試験結果を入手。ご自身のブログで発表されました。


この結果を見ると平24年試験の選択式の平均点は、大方の予想を覆して社一よりも厚年のほうが低かったのです。救済は単に平均点が低いほうから決めるということがハッキリした瞬間でした。これで私もあきらめがつき、再チャレの思いを新たにした記憶があります。


一方で平25年の選択式試験。もうこれはムチャクチャに難易度が高い内容でした。これもTKTKさんが試験結果を厚労省から引っ張ってくださいましたが、これによるとネット談義や資格学校の予想の中で最も平均点が低いと思われていた労災が実は最低でははなく、社一が最低点で1点救済。


これらのことから、資格学校に登録される復元回答に基づく平均点と、資格学校に頼らない(あるいは復元回答を登録しない)全受験生の平均点との間には大きな違いがあることが分かりました。


そして平26年。当初は、資格学校が集計するデータによれば労一の平均点が最も低かったところ、全受験生のデータを比較的よく表していると思われているユーキャンの平均点では、健保の平均点のほうが最も低いことが判明。一方、資格学校の平均点データでは健保の平均点はけっして低くありません。


う~ん、「資格学校による平均点と全受験生の平均点の乖離」によって健保に救済を持っていかれるのか・・・


ふたを開けてみれば、やはり健保は救済。TKTKさんがさっそく試験結果を入手され、それを見ると、なるほど健保の平均点が最も低い。


しかし驚いたことに、もうひとつの救済科目であった雇用の平均点は、救済の無かった労一のそれよりも高かったのです。そもそも、今年の大方の予想は「救済ナシ」だったにも関わらず、あろうことか救済が2科目。これだけでもサプライズなのに、平均点が3番目に低い雇用が2番目に低い労一を差し置いて救済。いやはや・・・


最後に言わせてください。合格基準点のこと。言いたいことは以下の3点。


1つめ。もし平均点が低い順に救済をするというのであれば、なぜ機械的にやらないのか。「今年の労一は余裕で取れる問題。あれで救済などおこがましい」という意見は意見として、平均点2.6点の雇用が救済され、平均点2.3点の労一が救済されないことに、資格試験に必要な「公平性」が担保されていると言えるのでしょうか。


2つめ。平均点が低い順に救済するという考え方で本当に良いのか。先に例示した平24年厚年の問題は厚年基金に関する問題で、テキストに記載されている基本的なものでした。すなわち、テキストをちゃんと読み込んで理解するというプロセスを踏めば取れる内容です。今年、平26年で救済された健保も同様。確かに細かい内容ですが、受験生であれば「いつか出題される」と手ぐすね引いて待っていたはず。


また、同じく今年救済された雇用は、あろうことか法改正に関する内容です。このような資格試験の意義として、試験問題を通じて法改正を周知するという目的もあるかと思います。そうであるからこそ、受験生ならば法改正をおろそかにすることなどありえません。


そのような問題なのに、思いのほか平均点が低かったからといって合格基準を下げれば、知っておくべき知識を知らない社労士が増えることになります。社労士ならば必ず知っておいて欲しい知識を問う問題こそ、平均点など無視して基準点を3点に固定すべきではないのでしょうか。


そして3つめ。一個人であるTKTKさんが請求をしただけであっさり試験データが開示されるのであれば、なぜ厚労省自らが最初から情報公開をしないのか。


どう考えても、これまで開示されたデータはツッコミどころ満載で、もし合格基準点の設定になんらかの不都合な真実が隠されているのであれば、適当な理由をつけて開示しなければ良かったはず。しかし、した。


そんな状況だったにも関わらず再び今年の試験で、「突っ込んでくれ」と言わんばかりの不可解な合格基準を設定してきました。少なくとも、労一は「絶対に」救済されないことが確認されました。


そして、この情報を知った受験生とそうでない受験生との「公平性」の問題も、また生まれてしまいました。もう、何が狙いなのか分かりません。


「バロンが落とした科目は救済しない」なんてどなたかに言われもしました。それはそれで申し訳ないです。いや、そんなことあるはずないですよ(笑)。


試験問題の内容や合格基準点の設定は、厚労省や社労士界から「こういう問題解決能力のある人物が欲しい」というメッセージのはずです。私はそのターゲットに当たりませんでしたが、せめてこれからの受験生に、社労士になるには最低限どのような能力が必要であるかを明確にうたい、社労士試験がそれを実現するための機械的な手段になるよう望みます。


また、社労士の仕事は試験では計り知れないほど奥深いはずです。試験に受かったくらいで開業なんてできるはずがありません。ならば、資格取得という「入口」は広くして合格後の実務の面で厳しく選別したほうが、より「使える社労士」が増えるように思います。


以上、真剣に社労士試験と向き合った一受験生からの主張でした。あぁ、やっと言いたいことが言えた~



TKTKさん、この場を借りて御礼申し上げます。TKTKさんのご尽力のおかげで選択式の平均点が明らかになり、引き続き合格基準が不可解であることには変わりませんが、何も分からないことによるストレスは無くなりました。少なくとも今年、健保の平均点が労一より低い事実を知らなければ、相当に心を病んでいたはずです(逆に、雇用については笑える余裕が生まれました)。




次がラストメッセージです。



コメント(15)