So-net無料ブログ作成


だんだんバカになってる? [年金アドバイザー]

今週末の年アド2級の試験日まで、あと4日。


計算問題を解いても、スパッときれいな答えが出てこない。必ずといっていいほど端数処理が入る。なので、ひとつひとつの答えに自信が持てない。あろうことか、最初の設問の解答を前提に後の問題が構成されることもあり、ひとつ間違えば芋づる式に全滅なんてことも。


あぁ、なんでこんなMな試験勉強してんだろう、オレ・・・


いや、社労士試験の勉強をしている中で、年金についてイマイチあいまいな知識しかないことに嫌気が差して取り組んだ年アド2級。おかげで、ようやく「経過的加算」の意味が腑に落ちました。


でも、逆にバカになってきていると思う点。それは電卓依存による暗算能力の低下。年アドは電卓が持ち込める試験であり、電卓をいかに活用するかが合否の分かれ目だったりするのですが、どんな計算にも使うようになってしまっています。「32-20」とか「2×12」とか。


「うわぁ、バカになってるぅ」と思いながらも、たまに暗算するとこれまた間違ったりするのが情けない。この際、文明の利器に頼ることにしています。

------------------------------------------
ココでも多くの社労士試験ネタが読めます
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
社労士試験ブログランキングに戻る≫≫≫
-------------------------------------------


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

年アド2級受験票、届く [年金アドバイザー]

さぁ、来ましたよ。年金アドバイザー2級の受験票。

受験票.jpg

試験は午後スタートか。午前中の中途半端な時間、どうやって過ごそう・・・


過去問を解いて思うのは、年アドは知識の多さや深さを問うのではなく、基本的な知識を確実に使いこなせるかどうかを問うているということ。「今どき、こんな複雑な計算はPCでできるだろうに」と思いながら、ノートに地道に計算式を書いて練習しています。


でも、やってもやってもどこかでミスが出る。模範解答を見ればまったく難しいことは書かれていない。単なる失念、計算ミス。「だからこんなことは機械にやらせりゃいーんだよ」と思う気持ちが頭をもたげるものの、ここはゲームだと思ってやっています。


それに「定義」や「要件」を「簡潔」に述べなければならない問題もクセ者。自分なり表現方法だと不足があったり必要以上に冗漫になったりするので、模範解答をただひたすらに転写しています。ようやく障害認定日の定義を何も見ないで書けるようになりました。「障害の程度を認定する日であって・・・」。


年アド3級の時は試験前日の追い込みで何とかなりましたが、2級はそうはいきません。ちょっと厳しいなぁ。

------------------------------------------
ココでも多くの社労士試験ネタが読めます
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
社労士試験ブログランキングに戻る≫≫≫
-------------------------------------------


コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び