So-net無料ブログ作成


合格発表時のシミュレーション [平25:4回目の結果]

手元には昨年の合格者番号が掲載された官報があります。これで今年の私の受験番号を探してみました。


もちろん、ありません! いや、万に一つの確率で載っていたかもしれず、その場合は「合格者の気持ち」が味わえるかな~などと思ったわけです(暗い・・・)。


それにしても、この「番号がない!」という感覚、昨年の合格発表時のショックを思い起こさせるのに十分でした。


社労士試験の合格率はおおむね7%。なので、合格者の受験番号はかなり飛び飛びです。番号が多過ぎて自分の受験番号が見つからないというより、10の位あたりをチラリと見るだけで、自分の番号の有無があっけなく確認できてしまいます。


そのあっけなさといったら・・・ 息が止まりそうな思いで官報を見て、ものの数秒で自分の番号が無いことが分かった時の、体から一切の血の気が引いていく、あの感覚。


早く合格発表日が来てほしいような、来てほしくないような・・・

------------------------------------------
ココでも多くの社労士試験ネタが読めます
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
社労士試験ブログランキングに戻る≫≫≫
-------------------------------------------


コメント(1) 
共通テーマ:資格・学び

合格ライン予想、出揃う [平25:4回目の結果]

試験から3週間、各資格学校からの合格ライン予想が出揃いました。


択一式は44点から48点、選択式は22点から26点くらい。選択式では救済(合格基準の補正)が気になるところですが、労災・社一・健保がテッパンとして、その補正ラインが1点なのか2点なのか、あるいはどの科目が1点補正になるのかの見解が分かれているようです。


さすがに「労一」を挙げる学校はありませんね・・・


しかし、実際に試験を受けた感覚として、択一式の合格ラインが高い! 過去問を本試験スタイルで何度も解いてきた身として、今年の択一式は難しい。いや、試験そのものは「よく読めば分かる」というものでも、分量が多いことによる「時間切れ」とか「読み飛ばし」とかで、慣れていない人にとっては厳しいと感じていました。


選択式だって、今でこそ冷静に論評できますが、「読めば分かる」とか「最低でも3点は取れる」などと、あまり簡単に言って欲しくはないですよねぇ。「国語力がない」「現場対応力に欠ける」と評されると、なんだか社労士としての能力というより、社会人としての能力を評されているようで、ションボリしてしまいます・・・


ところで、合格ラインの元となる各資格学校が把握する本試験データ(復元解答)は、5万人前後が受験する本試験に対し2000人程度しかありません。


このブログも、さすがに今は落ち着きましたが毎日300人前後の方しか訪れていません(ユニークユーザーベース)。合格ラインがどうなって、みんなが本試験でどう感じたかについて興味のある人って、実は少数派のようなんです。


資格学校に復元解答を提出する人って、私も含めて「ギリギリの人」ですよね。択一でけっこういい点が取れたんだが、選択で3点を割ってしまった。はてさて、救済はされるのかどうか・・・


そんな人が多いために、データ上は択一高得点者が集中してしまい、択一の合格ラインが上がってしまったのかなぁ。解答速報を見て合格または不合格を確信している人は、あんな面倒くさい復元解答の提出なんて、しないと思います。


ともあれ、本試験モードはここらで完全終息。そろそろ、試験関係のテキストを整理するとしますか。

------------------------------------------
ココでも多くの社労士試験ネタが読めます
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
社労士試験ブログランキングに戻る≫≫≫
-------------------------------------------


コメント(1) 
共通テーマ:資格・学び