So-net無料ブログ作成


- | 2012年11月 |2012年12月 ブログトップ
前の2件 | -

再スタートから受験申し込みまで [平24:3回目の挑戦]

平24年(第44回)試験に向けての勉強スタイルや本試験の様子、そして選択式基準点割れ(社一2点)の不合格でどん底に突き落とされるも、なんとか立ち直って4回目の再挑戦を志すまでに至った経緯を書き綴っています。なにかの参考になるでしょうか・・・

【第2回】
さっそく「うかるぞ」の分冊化作業を始めました。こちらの写真が分冊後の「労一・社一」。

24ec50.png

こちらが表紙を開いたところ。

24ec54.png

そうそう、わたしは社労士の勉強を独学でやっています。初めて受験した平22年(第42回)試験のとき、明治大学でやっていた社会人向け社労士受験直前講座(TACの大河内先生が講師)を受けましたが、平日18時30分スタートというビジネスマン泣かせの開始時刻と、自分の理解力とは別の速度で進んでしまう授業形態に、じっくり勉強に取り組めませんでした(とはいえ、大河内先生の授業は刺激になりました)。


独学で分からないことにぶつかった場合、わたしはネットで検索して調べていたんですが、必ずと言って良いほど、検索上位には「山川靖樹の社労士予備校(ヤマヨビ)」が出てきます。無料といいつつ登録をさせるところから、うさんくさく感じて敬遠していました。


ところが、どうしようもなく遺族厚年が分からず、やむなく登録しました。ヤマヨビに。

これがよく分かる!

あわてて全講義受講しました。しかし時既に遅く、全50講座を聞き終えたのが本試験の直前。インプットで終えてしまった平22年試験でした。ですので、平23年、平24年は早くに受講し、5月の連休前には全講座の受講を終えました。



そして春。受験申し込みの季節が到来します。

【第3回へ】

------------------------------------------
ココでも多くの社労士試験ネタが読めます
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
社労士試験ブログランキングに戻る≫≫≫
-------------------------------------------


コメント(0) 

テキスト分冊終了しました [平25:4回目の挑戦]

平25年試験に向けて、テキストの分冊化を終えました。


今回から、3年にかけて使ってきた「うかるぞ」をやめ、「ユーキャン」に変えました。この試験を始めた平成22年に「うかるぞ」を購入し、翌年平成23年も使いまわし。今年、平成24年では新規に「うかるぞ」を購入して取り組んできましたが、少し、「飽き」も来ていました。

1125-1.png

パラパラと読んだところ取り立てて新しい要素はありませんが、「『うかるぞ』と比べてどんな表現をするんだろうか」と、ワクワクしています。さっそく分厚いテキストをカッターを使ってバラしていきます。

1125-2.png

分冊するとこうなりました。左から「労基・安衛」「労災・雇用・徴収」「健保・国年・厚年」「労一・社一」です。平24年試験でも「うかるぞ」で分冊しましたが、科目の組み合わせは同じ。表紙の紙はユザワヤでお気に入りのを見つけ、一見するとガイドブックの「ことりっぷ」のような装いを醸し出しています。

1125-3.png

これでカバンが軽くなります。次は旧テキストとの記載内容の突き合わせ。「うかるぞ」にあって「ユーキャン」に載っていない内容を必要に応じて転写していきます。

------------------------------------------
ココでも多くの社労士試験ネタが読めます
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
社労士試験ブログランキングに戻る≫≫≫
-------------------------------------------


コメント(0) 
前の2件 | -
- |2012年11月 |2012年12月 ブログトップ